孤児院「太陽の子ども達」奨学金事業

大学進学を応援する「ユイマール奨学金」により、孤児院卒院生が、自ら選んだ大学、学部で学び、将来の道を切り開くサポートをする事業です。
「太陽の子ども達」卒業生のうち、大学に合格した子ども全員に奨学金を提供しました。
入学から卒業までの最短年数(原則4年間)、学費・寮費・生活費・教科書費など、大学生活にかかる全ての費用を給付し、大学卒業までを応援しました。

進学実績

2008年に奨学金事業を開始し、のべ68人に奨学金を授与致しました。
「太陽の子ども達」卒業生の10%が専門学校へ、90%が大学に進学し、うち半数がモンゴル最難関校へ入学しています。大学及び専門学校を卒業した子ども達の就職率は100%です。
大学を卒業した子の中には、結婚、出産と家庭を築いている子や、モンゴルの大手企業に就職し、家を買った子もいます。孤児院卒院生が大学に進学し、夢を叶えて自立している姿が、孤児院の幼い子ども達の良き手本となり、孤児院の中で好循環を生み出しました。

ユイマール奨学生の推移

奨学金授与式
奨学金授与式の様子。毎年孤児院の子ども達皆で授与式を見守ります。
孤児院卒業生が大学に進学し、夢を叶えて自立している姿が、孤児院の子ども達に良き影響を与え、好循環へと繋がっています。

学生寮の様子
大学生の寮での様子。4人一部屋で仲良く暮らしています。

ザヤーさん大学卒業式
ザヤーさんの大学卒業式に照屋と。晴れ晴れとした表情を浮かべています。

ルーヤ君
ユイマール奨学生第一号のルーヤ君。現在はダルハン市にある私立学校で音楽の教師をしています。仕事後は、孤児院の弟妹達の面倒をみにきてくれるそうです。

ウンダルマーさん
同じくユイマール奨学生第一号のウンダルマーさん。大学時代、オールAの成績をとり続けたことが評価され、新卒2人しか採用されないダルハン市発電所へ就職が決まりました。
孤児院で一緒に暮らしていた2人とともに、小さな家も買いました。

支援の引き継ぎ

2013年、孤児院「太陽の子ども達」は、ユイマール以外の5団体から支援を受けるようになり、ユイマールの支援がなくとも孤児院運営および子ども達に対する十分な教育体制が整った状態になりました。そのため、「太陽の子ども達」のエルデネ所長や職員達と話し合いを重ね、2013年6月にユイマールからの奨学金支援を終了し、後継の団体によって大学進学奨学金が提供される運びとなりました。

孤児院職員よりメッセージ

孤児院の職員の先生方と照屋
左からオンチク先生、ヒシゲー先生、照屋、ブルネー先生

オンチク先生
ユイマールの支援がなければ子ども達は大学に行くことが出来ませんでした。
大学を卒業した学生は就職し、自分で生活をすることが出来ています。
まだモンゴルにも「太陽の子ども達」同様に助けが必要な子ども達が大勢います。
ユイマールが今後、その様な子ども達を支援していきたいと聞き、私達も手伝いたい、という気持ちです。

ヒシゲー先生
皆様のおかげで子ども達は良いチャンスをもらうことができました。
今ユイマールは太陽の子どもへの活動を他団体へ引き継ぎますが、応援してくださった皆様にまた会えることを楽しみにしています。
今後も「太陽の子ども達」を応援してくださいね。

ブルネー先生
こんなに長い期間、大学生達の支援をして下さったことに感謝を申し上げます。
私たちはいつまでも家族です。皆様のことを思っています。
皆さんから支援を頂いたご恩を忘れることはありません。
ありがとうございました。

子ども達よりメッセージ

オヒノー(モンゴル立農業大学3年)
オヒノー

皆様の支援のおかげで、大学に進学でき、自分の夢を目指すことができ、うれしいです。
皆様からいただいた恩を、将来は自分が働いてモンゴルの人に返したいと思います。
ユイマールが今後、日本や世界中の子ども達へと支援を続けていくことを、とてもうれしく思います。

スへー (モンゴル立科学技術大学2年)
スヘー

今まで私達を支援してくださった皆様、ありがとうございました。
いつも皆様から精神面と金銭面で応援をいただき、非常に感謝の気持でいっぱいです。

各年度ごとの報告

2012年度奨学金事業報告

2012年度は、孤児院「太陽の子ども達」卒業生の18名の学生に奨学金を授与いたしました。

2012年度ユイマール奨学生と代表照屋

2012年度ユイマール奨学生と代表照屋

<モンゴル国立医科大学 医学部 1年生 ドヤーさん>
どんな受験生生活でしたか?
忙しかったです。科学のオリンピックに出るためによく勉強していました。生物も必要でしたので、学校での授業の後、よく復習していました。
合格した時の気持ちを教えてください。
もちろん嬉しかったです。一位になりたいと頑張っていたのですが、二位でした。友達や先生がよく励ましてくれました。
専攻を選んだ理由と将来の夢を聞かせてください。
母が病気で亡くなったので幼いときから医者になりたかったです。有名な先生になりたいと思います。
大学で一番頑張りたいことは何ですか?
勉強を一番に頑張りたいです。普通の学生よりも1歩先に行きたいです。
支援者の皆様へ一言お願いします。
この施設の子ども達は家族がいないという共通の悩みがあります。先生の温かい気持ち、理解し合う気持ち、温かさに恵まれて育ってきました。感謝しています。ありがとうございます。
孤児院の弟・妹たちへ一言お願いします。
どんな境遇に生まれようとも、子どもたちはみんな夢を持っています。実現するために頑張ってください。芸術学校も生活も頑張ってください。

医者になりたいと熱く語ってくれたドヤーさん。

医者になりたいと熱く語ってくれたドヤーさん。

<モンゴル技術大学 ダルハン分校 デザイン学部 3年生 エンヘーさん>
大学で一番頑張っていることは何ですか?
自分が選んだ専攻(洋服のデザイナー)にとても満足していて、よく頑張っています。自分のデザインを出してその通りに作品を作るのが楽しいです。
学年が上がってチャレンジしたいことは何ですか?
デザインを上手させるためにコンテストに出場したいと思います。私は、経験が一番大切だと思っています。学校で毎月デザイナーのショーがあります。もしそこで優勝すると、学生交流があって海外に行って経験を積むことができます。そのために現在努力しています。
好きな科目とそこから学んだことを教えてください。
デザインを作る科目が好きです。それがあれば洋服の殆どができるからです。
将来の夢はなんですか?
夢は有名なデザイナーになることです。家族の服や兄姉の結婚式の衣装を製作したいと考えています。自分の好きな服を作ることができて、とても満足しています。人はいい服を着ると気持ちが良くなります。私は、そんな服を作りたいのです。
支援者の皆様に一言お願いします。
支援者の皆様がいなかったら、自分の夢が何なのかも分からなかったと思います。皆様のおかげで夢を持つことができたし、好きな大学に入ることができました。私達の夢を実現する架け橋になって下さり、ありがとうございます。皆様のおかげで友達に会う時も学校へ行く時も幸せです。毎回日本へ来るときはエネルギーをもらいます。
孤児院の弟・妹たちへ一言お願いします。
私は10歳のときにこの施設に入りました。そこからずっと育てられてきました。先生方やお兄さん、お姉さんの教えてくれたことを実践してください。困っているとき、悩んでいるときにそれを話せば、弟や妹が励ましてくれて、先生方も理解してくれます。大学生になっていつも一緒じゃなくなりましたが、休みの日にも施設に帰って来て、これから困ることや大変なことを教えてあげたり、弟や妹達のことを理解したいと考えています。いつも愛しています。弟と妹の幸せが私の中で、一生の大切なものになっています。気持ちを理解することだけでなく、自分を守ることについても教えるべきことがあります。これからの人生の歩む道を開いてくれた先生方にも感謝しています。自分の子どものように世話してくれていることにも感謝です。毎日弟や妹、先生のことを思っています。自分のためにも子ども達のためにも頑張っていきたいです。

デザイナーになることが夢だと語ってくれたエンへーさん。

デザイナーになることが夢だと語ってくれたエンへーさん。

奨学金内訳
バターくん:学費 約4.7万円、寮費 約1.8万円、生活費 約4.9万円、合計 約11.4万円
ガンボロロさん:学費60万トゥグル 約3.5万円、寮費 約1.8万円、生活費84万トゥグルク 約4.9万円、合計 約10.2万円
バヤラーくん:学費 約3.5万円、寮費 約1.8万円、生活費 約4.9万円、合計 約10.2万円
ガンディーさん:学費 約2.9万円、寮費 約1.8万円、生活費 約4.9万円、合計 約9.6万円
エンヘーさん:学費 約3.5万円、寮費 約1.8万円、生活費 約4.9万円、合計 約10.2万円
ザヤーさん:学費 約3.1万円、寮費 約1.3万円、生活費 約4.9万円、合計 約9.4万円
デーギーさん:学費 約2.9万円、寮費 約1.3万円、生活費 約4.9万円、合計 約9.2万円
オヒノーさん:学費 約2.9万円、寮費 約1.3万円、生活費 約4.9万円、合計 約9.2万円
バンブーくん:学費 約3.5万円、寮費 約1.5万円、生活費 約4.9万円、合計 約9.9万円
ソフダーさん:学費 約4.7万円、寮費 約2.1万円、生活費 約4.9万円、合計 約11.7万円
ゲルレフーくん:学費 約2.9万円、寮費 約2.1万円、生活費 約4.9万円、合計 約9.9万円
アリウカくん:学費 約2.9万円、寮費 約2.1万円、生活費 約4.9万円、合計 約9.9万円
バドマーさん:学費 約5.3万円、寮費 約1.2万円、生活費 約4.9万円、合計 約11.4万円
イジレーさん:学費 約2.9万円、寮費 約2.1万円、生活費 約4.9万円、合計 約9.9万円
ドヤーさん:学費 約4.7万円、寮費 約2.1万円、生活費 約4.9万円、合計 約11.7万円
ビレグーンくん:学費 約4.7万円、寮費 約2.1万円、生活費 約4.9万円、合計 約11.7万円
ダンズンくん:学費 約2.9万円、寮費 約2.1万円、生活費 約4.9万円、合計 約9.9万円
スヘーくん:学費 約3.5万円、寮費 約1.2万円、生活費 約4.9万円、合計 約9.6万円

以上総額(約185.4万円)

===============================

2011年度奨学金事業報告

2011年度は、孤児院「太陽の子ども達」卒業生の14名の学生と、ウランバートル市青年孤児院の3名の学生、計17名に奨学金を授与致しました。

<イヘ•ザサク大学 法学部1年 ゲレルフー君>
受験生活について教えてください。
発表を聞くときは、多くの人が並んでいてとてもドキドキして辛かったです。勉強は問題ありませんでしたが、新しい先生が来て教えてもらったことに少し戸惑いました。
合格したときの気持ちを教えてください。
合格したときはとても嬉しくて、オリンピック大会に出場したような気持ちになりました。帰ってきたとき、先生達がとても喜んでくださって、施設の入り口では皆からキスの嵐を受けました。
なぜこの専攻にしたのですか?
僕は将来、法律家になりたいと思っています。現在モンゴルでは、富裕層の子どもが事件に関わった場合には法律が適用されず、普通の家の子どもの場合には適用されるというように、法律の適用に貧富の差が関係しています。そのように誤った法設備を正したいと考えたからです。
大学に入って一番頑張りたいことは何ですか?
やはり、第一に勉強です。特に僕の進学する法学部の人は皆頑張っているので、僕も自分から進んで読書、予習などをしていきたいです。
支援者の方々へ一言お願いします。
日本の方々と関わって、10年が経ちました。私たち一人一人の夢を真剣に聞いて下さり、その実現に向けて一歩一歩進ませて頂き、本当にありがたいと思っています。皆様と太陽の下でご縁があって出会えたことに感謝しています。一番努力した人に成功は訪れるものだと信じています。この先どんなことがあっても、くじけずに一生懸命頑張ります。

熱く夢を語ってくれたゲレルフー君。

熱く夢を語ってくれたゲレルフー君。

<モンゴル国立科学技術大学 食製作・マネジメント専攻4年 ドギーさん>
将来の夢を教えてください。
私は、将来大手の企業に就職したいと考えています。大学では、人との関わり方や話し方などを学びました。特に現在は食品マネジメントを専門に勉強しています。先日は大学で行われた論文コンテストに参加し、「ニンニクは人間の健康に対してどのような影響を与えるか」という題で2位になりました。また、それとは別に大学院に入り、人材開発も学びたいという夢もあります。モンゴルの福祉も勉強したいです。
日本の支援者の方々へ一言お願いします。
私たちが大学に進学出来るのは本当にラッキーです。私たちの将来の光になっていただいたことに感謝しています。恩返しとして、支援者の方々へだけでなく、モンゴルにも貢献したいと考えています。支援してくださる日本の方々がいなかったら、私たちは後ろ指をさされ、誰もしたがらないような苦しい生活や仕事をしていたことだと思います。現在私は、大学の学生寮に住んでいます。この「太陽の子ども達」は一番住みやすい環境だったと実感しています。帰ってきたときには、下の子ども達に「お姉さんはどうあるべきか」を教えたり、「将来の夢は何か」を書いてもらったりしました。私自身、夢が叶ったことも、まだなこともあります。私はこの施設で時間を過ごすことが大好きです。卒業までに小さい子にいろいろ教えたいです。

支援者の方々への感謝を常に持ち続けていたドギーさん。

支援者の方々への感謝を常に持ち続けていたドギーさん。

===============================

2010年度奨学金事業報告

2010年は、ルーヤ君、ウンダルマーさん、ソフダーさん、ザヤーさん、バター君、オヒノーさん、デギーさん、ガンボロロさん、エンヘーさんの9名の学生に奨学金を授与致しました。
新しく大学生となったバター君、オヒノーさん、デギーさん、ガンボロロさん、エンヘーさんのうち、バター君とガンボロロさんがモンゴル国立芸術大学に主席合格を果たしました!面接官の方も孤児院「太陽の子ども達」の才能と努力に目をみはったそうです。

<ユイマール奨学生 バター君>
バター君は、モンゴルで一番難しい国立芸術大学の楽器学部(専門:馬頭琴)に主席で合格しました。
「受験勉強中は毎日焦っていて、大学に入ることが出来るか日々不安でした。受験のため毎日一所懸命勉強して、いい成績をとれるように努力しました。自分自身で「あなたは絶対出来る」と励ましながら勉強しました。合格を知った時は、これから自分自身で自立していく人生が始まると感じました。同時に、先生たちや友達、日本の里親さんたち、支援してくれているすべての方々に自分の成績を言いたい気持ちでした。僕が大学に合格できたのは支援してくださっている日本の皆様のお力のおかげだと思います。僕は皆さんが大好きです。」

バター

バター

<ユイマール奨学生 ウンダルマーさん>
ウンダルマーさんは今年で4年生になります。成績でオールAを取ったため、大学3年、4年は学費が無料になりました。
「支援してくださっている皆様の親切に、心から感謝しています。私たちが将来の夢に続く道を進むことを助け、手伝ってくれていることに心より感謝しています。皆様のお陰で、私は幸せでいっぱいです。皆さんが大好きです。」

ウンダルマー

ウンダルマー

奨学金内訳
ルーヤ君:学費85万トゥグルク(6.1万円)、寮費20万トゥグルク(約1.4万円)、
生活費84万トゥグルク(約6万円)、計189万トゥグルク(13.5万円)
ウンダルマーさん:学費免除(成績優秀のため)、寮費20万トゥグルク(約1.4万円)、
生活費84万トゥグルク(約6万円)、計104万トゥグルク(7.4万円)
ソフダーさん:学費55万トゥグルク(3.9万円)、寮費20万トゥグルク(約1.4万円)、
生活費84万トゥグルク(約6万円)、計158万トゥグルク(11.3万円)
ザヤーさん:学費免除(成績優秀のため)、寮費20万トゥグルク(約1.4万円)、
生活費84万トゥグルク(約6万円)、計104万トゥグルク(7.4万円)
オヒノーさん:70万トゥグルク(約5万円)、寮費20万トゥグルク(約1.4万円)、
生活費84万トゥグルク(約6万円)、計104万トゥグルク(12.4万円)
ボロロさん:学費55万トゥグルク(3.9万円)、寮費20万トゥグルク(約1.4万円)、
生活費84万トゥグルク(約6万円)、計158万トゥグルク(11.3万円)
バター君:70万トゥグルク(約5万円)、寮費20万トゥグルク(約1.4万円)、
生活費84万トゥグルク(約6万円)、計104万トゥグルク(12.4万円)
リトル・デーギーさん:50万トゥグルク(約3.6万円)、寮費20万トゥグルク(約1.4万円)、
生活費84万トゥグルク(約6万円)、計154万トゥグルク(11万円)
エンヘーさん:45万トゥグルク(約3.2万円)、寮費20万トゥグルク(約1.4万円)、
生活費84万トゥグルク(約6万円)、計150万トゥグルク(約10.6万円)

以上総額1225万トゥグルク(日本円:97.3万円)

===============================

2009年度奨学金事業報告
2009年8月、スタッフ3名がモンゴルへ渡航し、2009年度奨学金授与を行いました。前年度の奨学生ルーヤ君、ウンダルマーさんに加え、今年度大学に合格したザヤーさん、ソフダーさんの計4名に奨学金を授与しました。

奨学金授与式
奨学金授与式2

<ユイマール奨学生 ザヤーさん>
ザヤーさんは、ダルハン農業大学のマネジメント学部に2009年9月に入学しました。とても努力家のザヤーさん。将来は大学院にも行きたいそうです。また、日本で生活する事にも憧れているということです。
ザヤー
「いつも支援して下さり感謝しています。孤児院の子ども達の見本となるために頑張ります!」

<ユイマール奨学生 ソフダーさん>
ソフダーさんは、ウランバートル商業大学マネジメント学部に2009年9月に入学しました。
専攻のマネジメントの分野で一生懸命勉強し、将来は会社に就職して専門分野を活かせる仕事に就きたいと夢を語ってくれました。
ソフダー
「孤児院の子ども達も頑張って勉強してゆいまーる奨学金をもらって夢を叶えて欲しいです。」

ウンダルマーさんお祝い金
ダルハン技術大学に通うウンダルマーさんが、成績優秀者として大学から学費の全額免除を受けました。このため、ゆいまーるからの今年度の奨学金は出さない代わりに、学業に励んだ賞与として、お祝い金10万トゥグルクを追加授与いたしました。

衣服・教科書支援開始
今年度から大学生全員に、衣服・教科書支援を行うことにしました。1年分の衣服・教科書代として一人につき25万トゥグルク(約2万円)を給付しました。ゆいまーる奨学生4名に加え、日本人から個人的に支援を受けて大学に通っている5名にも給与しました。

ゆいまーるスタッフと奨学生
ゆいまーるスタッフと奨学生

奨学金内訳(1年間分)
2009年度ユイマール奨学金給付者
ルーヤ君(モンゴル国立芸術大学/ウランバートル)
学費: 69万トゥグルク
寮費: 20万トゥグルク
生活費:84万トゥグルク
計:  173万トゥグルク

ウンダルマーさん(ダルハン技術大学/ダルハン)
学費: なし
寮費: 20万トゥグルク
生活費:72万トゥグルク
計:  92万トゥグルク

ザヤーさん(ダルハン農業大学/ダルハン)
学費: 65万トゥグルク
寮費: 20万トゥグルク
生活費:72万トゥグルク
計:  157万トゥグルク

ソフダーさん(ウランバートル商業大学/ウランバートル)
学費: 65万トゥグルク
寮費: 20万トゥグルク
生活費:84万トゥグルク
計:  169万トゥグルク

以上 総額591万トゥグルク(日本円:42万円※)
※モンゴル・トゥグルクの場合は円貨払による送金しか利用できないため、591万トゥグルクに相当する42万円を送金いたしました。

2009年度奨学事業総支出内訳
項目 モンゴル・トゥグルク 日本・円
衣服・教科書支援金 2,250,000 150,000
ウンダルマーお祝い金 100,000 7,000
奨学金(4名分) 5,910,000 420,000
送金手数料 10,500
合計 587,500

===============================

2008年度奨学金事業報告
2008年8月、奨学金の受け渡しのために3人のスタッフがモンゴルへ行って参りました。
今年度はルーヤ君(20)とウンダルマーさん(19)が奨学生として選ばれました。二人ともダルハン市にある孤児院『太陽の子ども達』の卒業生です。奨学金授与式は、孤児院に住む子ども達と先生方全員の前で行われました。

ゆいまーる奨学金調印式の様子その1

<カリスマ演奏者 ルーヤ君>
ルーヤ君は国立芸術大学で馬頭琴と長唄を専攻しています。
才能溢れるルーヤ君は数々のコンクールで優勝し、最高峰の芸術大学に4位で入学しました。
将来の夢は、孤児院『太陽の子ども達』に恩返しをすること、日本の孤児院で芸能を通じて子ども達のために働くこと、だそうです。
「私達は奨学生第一号なので責任重大です。弟・妹達のために良い成績をとることを約束します。」

ルーヤ君

<しっかり者 ウンダルマーさん>
ウンダルマーさんはダルハン技術大学で建設を専攻しています。
将来の夢は、古くなったマンホールの修繕と井戸の開発がしたいと言います。
「高校生の時は大学に入ることが夢でした。でも今はモンゴルのために何ができるか、自分の役割は何なのかを常に考えています。貧しい人達のために働きたいんです。」

ゆいまーるもお世話になっているウンダルマーさん

奨学金内訳(1年間分)
<ルーヤ君>
学費: 約 75,000円
寮費: 約 25,000円
生活費:約 700,00円
計:  約170,000円

<ウンダルマーさん>
学費: 約26,600円(学費48,000円から22,000円の政府奨学金を引いた差額分)
寮費: 約18,000円
生活費:約50,000円
計:  約94,600円