モンゴルのバレエ

2010年2月13日(土) |カテゴリー:

ご無沙汰しております。
ウランバートルに留学中の槌尾です。

1か月以上の長い冬休みもついに終わり、毎朝8時からの授業の日々が再び始まりました。
モンゴルの冬は、毎年厳しいものですが、今年の冬はウランバートルでもマイナス40℃を記録しました。
20年ぶりくらいの寒さだ、というお話を聞きました。

寒いとはいえ、長い冬休みの間中、寮にこもっているわけにもいきません。
冬休みが終わる直前、バレエを見に行ってきたので、今回はモンゴルのバレエについてお話したいと思います。

モンゴルの政府庁舎のすぐそばに、モンゴル国立オペラ劇場があります。

夜のオペラ劇場

夜のオペラ劇場

チケットの代金は、一番高い座席が8000トゥグルク(日本円にすると500円くらい)です。
みなさん、日本のバレエのチケットの値段をご存知ですか。
日本とは比べ物にならないほど、チケットが安いのが魅力的です。

小さな劇場なので、舞台がよく見えるところが私のお気に入りです。
オーケストラの生演奏で、一度は耳にしたことがある音楽を聞きながらバレエを見ると、とても満たされた気分になれます。

モンゴルにもバレエがあるの??と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、モンゴルのバレエはロシアの影響を受けているということで、とても見応えがあると思います。

2月の上演カレンダー

2月の上演カレンダー

みなさんも、ウランバートルにいらっしゃる機会がありましたら、ぜひオペラ劇場に足を運んでみてくださいね。

コメント(0)

ウランバートル便りVol1:乗馬体験

2009年11月16日(月) |カテゴリー:

こんにちは。
ただいまモンゴル、ウランバートルに留学中のボランティアスタッフの槌尾です。

私がモンゴルに来てから、あっという間に2か月が過ぎてしまいました。
11月になったばかりだというのに、最高気温がマイナス…なんていう日もあります。
ついこの間、朝8時くらいに歩いていたら、自分の息でマスクが凍っていて本当にびっくりしました。
日本の寒さとは比べ物になりません。

気が付いたら、過ごしやすい秋はとっくに終わっていましたが…
今回の日記では、まだウランバートルが暖かかった頃、ホテルモンゴリアという場所で乗馬をした時の写真をみなさんにお届けします。

草原

草原

太陽の優しい光に包まれて、馬がお昼寝していました!!
目を閉じているのが、とてもかわいらしいですよね~。
気持良さそうです…。
お腹に注目してみると…大きくふくらんでいるのがわかりますか??
なんと、赤ちゃんがいるそうです。
冬の寒さに負けずに、元気に生まれてきてくれるといいですね。

馬

モンゴルの首都、ウランバートルは車が多くて、ごちゃごちゃしている印象があります。でも自動車で30分くらい走ると、落ち着いたのどかな風景が広がっています。
空気がきれいで、本当にリフレッシュすることができます。

これから、モンゴルはさらに気温が低くなっていきますが、寒さに負けずにまた乗馬に行けたらいいな、と思っています。

コメント(0)

ボランティア日記

2009年2月11日(水) |カテゴリー:

昨年11月の「太陽のコンサート」で、ボランティアスタッフをさせていただいた、槌尾と申します。(日記を書かせていただく機会をいただきましたことをうれしく思っております。)

私は、モンゴル語を勉強している大学生2年生です。知り合いにモンゴルに単身赴任されていた方がいて、高校時代、自然と「モンゴルってどんな国なのだろう」と興味を持つようになりました。当時は、まさか、大学でモンゴル語を勉強することになるとは思ってもいませんでしたが、これまで全く知らなかった世界を知ることができて、また「モンゴル」を通して色々な方と出会えたことに今ではとても感謝しています。

昨年9月にモンゴルに行って、初めて見る景色と初めての現地の人との会話に感動した一方で、ウランバートルの貧富の差や、環境破壊が進んでいる現状を目にして、日本に帰ったら何ができるのだろうと考えました。旅行から帰ってきて、モンゴル語に対しても、モンゴルに対してもモチベーションが上がりつつあったちょうどその時に、友達に、「ボランティア募集してるよ。」と教えてもらったのがきっかけで、太陽のコンサートのお手伝いをすることに決めました。

コンサートではボランティアスタッフとして、会場案内のお手伝いをさせていただきました。来日していた子供たちと触れ合う機会はほとんどありませんでしたが、それぞれの子供たちの演目の完成度がとても高かったのが印象的でした。そして子供たちの表情はキラキラしていて、何だか幸せな気分になったのを覚えています。
私は、ボランティアを通じて、子供たちの笑顔と、何事にも積極的に活動されている多くの方に出会うことができました。ボランティアスタッフの体験は、人との出会いの素敵さを教えてくれたような気がします。

コメント(0)