照屋より皆さまへ 10年間の感謝を込めて

2016年3月31日(木) |カテゴリー:

NGOユイマールを応援してくださっている全ての皆さまへ

代表の照屋朋子です。
NGOユイマールの代表として、皆さまにご挨拶することも、これが最後となりました。
最後までユイマールを応援してくださった皆さまに、心より感謝申し上げます。

活動終了を公に発表して以来、様々な反響を頂きました。
批判的な意見はほとんどなく、
最も多く頂いた言葉が「おめでとう」という祝福の言葉でした。

「NGO・NPOは課題解決のために組織される。
組織が解散するということは課題が解決された証。
だから、目標達成おめでとう。」

活動中は、楽しいことも困難なこともありましたが、
結果として、私たちは多くの方のご支援のもと、NGO設立時に目標として掲げていた、
「太陽の子ども達」の自立を叶えることができました。

倒産寸前だった孤児院の再建に貢献し、モンゴルと日本を繋ぐ架け橋となり、
総計68人の大学進学を応援することができ、
後継の団体に全ての支援方法を引き継ぐことができました。

また、ドンボスコ孤児院の孤児院存続と、
国立孤児院での自立支援プログラムの立ち上げにも貢献することもできました。

この子ども達への支援の結果こそが全てなのだ、と感じています。

「1人の力は微力だけれども、無力ではない。」

そのことを皆さまは気付かせてくださいました。

約30,000名の方々に、
寄付者、ボランティア、ホストファミリー、講演やコンサートの観客として
ユイマールに関わっていただきました。
皆さまの力が結集して、
この様な成果をあげることができたのだと、心より感謝しております。

2016年3月末をもちまして、NGOユイマールの活動は終了しますが、
私たちはより大きな視点で世界に、子どもたちに貢献するために、
いったん「モンゴル」「孤児」という枠をこえて、広い視点で学び続けていくつもりです。

2007年の設立以来10年間、
みなさまから多大なご支援、ご協力を賜りましたことに、
重ねて、心からの感謝を申し上げます。

また近い将来、世界のどこかで、
皆さまとお会いできることを心より願っております。

2016年3月31日
NGOユイマール
代表 照屋朋子

コメント(0)

コメント&トラックバック

トラックバックURL : http://yuimar.org/2016/03/final/trackback/