【プロボノ(社会人)スタッフ募集中】

2014年7月7日(月) |カテゴリー:

NGOユイマールでは、
「世界中の子ども達が自尊心を持って暮らすことができ、
自己実現を目指せる社会の実現」
というビジョンの実現を共に目指し、活動する仲間を募集しています。

プロボノ(社会人)スタッフに応募する
本年度のプロボノ(社会人)スタッフ募集は終了いたしました。
沢山のご応募、お問い合わせありがとうございました。

このビジョンをご理解いただくために、まずは下記の動画をご覧ください。

(動画には音声が含まれています。音量等にご注意ください)

スタッフ募集について 目次
1.プロジェクト紹介
2.スタッフ募集について
3.応募フロー

=============================

1.プロジェクト紹介

来日プロジェクト

img_project_06_02 img_project_06_01-1

「マンホールチルドレン」を知っていますか?
様々な事情で家族と離れ、冬はマイナス30度にもなるモンゴルで、寒さをしのぐため、マンホールで生活する子ども達がいます。
現在は、モンゴル政府やNGOによって子ども達の保護が進みましたが、その多くは18歳になって孤児院を卒業した後、 自立して生活していくことができずに、マンホール生活へ戻ってしまうという状況です。これは、進学・就職の機会が乏しいことに加えて、彼ら彼女らの生い立ちからくる「諦めグセ」・「自己否定感」が関係しています。
子どもが、「自分でもやれば出来る」と自信を持ち、自分で決めた目標に向かって歩み、
卒院後に真の自立を目指せるようにと、NGOユイマールでは孤児院で音楽を通した成功体験作りを行っています。
孤児院にプロの音楽家を4人雇い入れ、子ども達は歌、踊り、民族楽器、アクロバット等の中から好きなレッスンを受けます。
その音楽プログラムの成果を発揮する場が、【来日プロジェクト】です。
今年は、子ども達16人、職員4人を日本に招き、子ども達によるプロ・コンサートを開催します。

<来日プロジェクトチームのミッション>

子ども達は、モンゴルで音楽を通じて、「歌えるようになった」「楽器が弾けるようになった」という小さな成功体験を積み重ねています。
その努力が認められ、日本で大きな舞台に立ってその成果を披露する機会を通じ、子ども達は更に大きな自信を得る事ができます。また来日中、子どもたちは日本の一般家庭でホームステイを通じて、自分の成長を見守り愛情を注いでくれる人との出会いや、家庭での生活などを体験します。その大きな舞台と、忘れられない出会いの場を創り上げ、支える事。そして子ども達の真の自立支援につなげる事が、来日プロジェクトのミッションです。

<活動紹介>

来日プロジェクトチーム内では、コンサート開催や、ホームステイ等の子ども達の来日中の準備のため、営業、広報、総務、企画、会計、商品などの担当に分かれて活動しています。1ヶ月に2~3回のプロジェクトミーティングの他、メールやLINEなどでやり取りを行いながら、プロジェクトを進めていきます。

saiyou01

来日プロジェクト プロボノスタッフに応募する

___________________________________________

ドンボスコ孤児院プロジェクト

saiyou02 image

愛情溢れた素晴らしい環境で有名なドンボスコ孤児院は、資金難で2013年6月末で閉鎖を予定していました。
NGOユイマールがドンボスコ孤児院存続のため、クラウドファンディングを中心とした募金活動を行った結果、1年間の存続が決定しました。
ただし、最年少の10歳の男の子が18歳になって孤児院を卒業するまでの、残りの7年間分の運営資金を確保する必要があります。

<ドンボスコ孤児院支援チームのミッション>

ドンボスコ孤児院に暮らす14人の男の子にとって、孤児院の職員や他の子ども達は「家族」であり、ドンボスコ孤児院は「家」です。
存続が確定している1年間の間に、最年少の10歳の男の子がドンボスコ孤児院を卒業する2022年までの、残りの7年間分の運営資金をどのように調達するのかを考え、仕組みを作り上げる事が、ドンボスコ孤児院支援チームのミッションです。

<活動紹介>
ドンボスコ孤児院の運営資金を継続確保するため、戦略立案から実施、評価、改善を行いながら、仕組みを作り上げ、運用します。
1ヶ月に2~3回のプロジェクトミーティングの他、メールやLINEなどでやり取りを行いながら、プロジェクトを進めていきます。
例) 個人・法人支援会員制度を作り、継続的にご寄付いただく仕組作り

- 口座引き落とし、クレジットカード支払いなど、簡単にご寄付いただく方法の整備
- 会報発行や、メールマガジンなど広報物の作成
-日々のお問い合わせ対応

ドンボスコ孤児院プロボノスタッフに応募する

__________________________________________

プロジェクトを超えた課外活動

プロジェクトのメインの活動とは別に、有志による「Sui*mar(スイマール)」(隔週水曜日に行うユイマール課外活動)を実施し、モンゴルやモンゴル語の勉強会を開催したり、美味しいものを食べたり、飲みに行ったりする活動も行っています。締めるところは締め、楽しむところは楽しみながら、日々活動しています。

saiyou03

======================================

2.スタッフ募集について

<プロボノとは>
プロボノとは、「公共善のために」を意味するpro bono publicoの略で、社会人の方が社会で培ったスキルを生かし行う慈善活動および、活動を行う人の事を指します。空いた時間などに個人の都合に気軽に行える一般的なボランティア活動とは違い、プロボノ活動では、仕事同様に主体性や責任感が求められ、コミットメントを遂行する事が求められます。

shoukai_banner

___________________________________________

来日プロジェクト

<募集要項>

■求める人物像
・NGOユイマールのビジョンに共感する人
・子どもが好きな人
・明るく前向きに新しいチャレンジに取り組める人
・目標の達成のために責任感を持って取り組める人
・広報、会計、営業など、「いかしたい・いかせる」と思うスキルがある人

■コミットメント
・月2~4回のミーティング参加
・毎日のメールのやり取り

■期間
2014年7月~2015年3月末

■場所
NGOユイマール事務所(巣鴨駅徒歩3分)が中心

■仕事内容
来日コンサート、ホームステイ、その前後の活動に関わる下記業務。
-広報
-営業
-会計
-企画
-総務

来日プロジェクト プロボノスタッフに応募する

___________________________________________

ドンボスコ孤児院プロジェクト

<募集要項>
■求める人物像
・NGOユイマールのビジョンに共感する人
・子ども達だけでなく、支援者の方々を大切に思える人
・目標の達成のために新しいアイディア考え、PDCAサイクルを回していける人
・目標の達成のために責任感を持って取り組める人

■コミットメント
・週1回のミーティング参加
・3ヶ月に1回の全社ミーティング参加
・毎日のメールのやり取り

■期間
2014年7月~2015年3月末

■場所
都内(巣鴨のNGOユイマール事務所が中心)

■仕事内容
ドンボスコ孤児院の運営資金を継続確保のための戦略立案、実施、評価、改善活動。
また、それらに伴う日々の運用業務。(支援者様対応など)

ドンボスコ孤児院 プロボノスタッフに応募する


======================================

3.応募フロー

NGOユイマールのプロボノスタッフになっていただくための応募フローは、下記のようになります。

(1) 個別説明会&相談会に参加
(2) 応募意思ご決定
(3) 面接

NGOユイマールのプロボノスタッフに興味がある方は、下記のボタンより、まずは現役プロボノスタッフによる個別説明会&相談会にご参加ください。
NGOユイマールのビジョンや活動、各プロジェクトについてご説明したあと、プロボノ活動に関する疑問など、お伺いします。

個別説明会&相談会に参加する

コメント(0)

コメント&トラックバック

トラックバックURL : http://yuimar.org/2014/07/probono_recruit/trackback/