現役プロボノスタッフ 紹介

2014年7月7日(月) |カテゴリー:

NGOユイマールの現役プロボノ(社会人)スタッフの数名にインタビューを実施致しました。

maeda1

前田さん(来日プロジェクト)
IT会社勤務

ユイマールでのやりがい:
・モンゴルの子ども達の成長を間近で見て、体験できること。
・比較的新しい団体なので、成長途中の状態で関わることができること。
・熱い代表照屋と、異なるバックグラウンドを持った優秀なメンバーと一緒に働けること。

ユイマール・プロボノスタッフになった理由:
・代表照屋の熱い思いに感化されたため。
・「教育」に強い関心と問題意識を持っており、ユイマールの活動内容がその問題の解決の実例であると感じたため。
・自分の社会人スキルが、会社の外でも通用するのか確かめるため。

他のスタッフから見た前田さん:
・「やりましょう!」の行動力でチームを引っ張ってくれます。
・どんな事も深いところまで考え、新しいことをたくさん提案してくれます。

_______________________________________________________________

wakisaka

脇坂さん(来日プロジェクト所属)
教育会社勤務

ユイマールでのやりがい:
・熱くまじめに活動しているメンバーの皆さんと一緒に活動できること。
・子ども達の成長に関われること。

ユイマール・プロボノスタッフになった理由:
・学生の時から国際協力活動をしており、社会人になってからも携わりたいと思って探していたところ
自分の想いにぴったりのVISIONを持つユイマールに出会えたため。

他のスタッフから見た脇坂さん:
・いつもニコニコしていますが、プロジェクトには常に全力投球です。
・「実行力」に優れ、物怖じせずに前進する力に溢れています。

_______________________________________________________________

matsui

松井さん(来日プロジェクト)
社会福祉施設勤務

ユイマールでのやりがい:
・人、社会の役に立ちたいという熱い想いを持った代表照屋をはじめとする仲間たちと、モンゴルの子どもたちの自立支援に携われること。

ユイマール・プロボノスタッフになった理由:
・以前青年海外協力隊としてモンゴル国立孤児院で活動をしており、今回、ユイマールが国立孤児院を支援すると知り、
縁あって出会ったモンゴルの子どもたちが自立への一歩を踏み出すお手伝いをしたいと思い、プロボノスタッフに応募。

ほかのスタッフから見た松井さん:
・モンゴルでの経験、実績から、具体的かつ深い提案をしてくれます。
・教育にかける想いがとても熱い方です。

_______________________________________________________________

コメント(0)

コメント&トラックバック

トラックバックURL : http://yuimar.org/2014/07/probono_int/trackback/