【世界基準のリーダーシップ×社会人ができる社会貢献】※社会人限定※ユイマールチャリティーカフェ開催決定

2014年5月13日(火) |カテゴリー:

みなさま、こんばんわ!プロボノスタッフ下妻です。

5月31日(土)第3回目となるユイマールカフェの開催が決定致しましたので
ご案内させていただきます。

cafe21

◆◇————————————————————————◇◆
   【世界基準のリーダーシップ×社会人ができる社会貢献】
     ※社会人限定※ユイマールチャリティーカフェ開催
◆◇————————————————————————◇◆

お菓子を片手に和気あいあいとした雰囲気の中、NGOユイマールの活動や
プロボノ・学生ボランティアの活動についてお話させていただいているユイマールカフェ。

第3回目となる今回は、
日本GE株式会社代表取締役、GEキャピタル社長兼CEO 安渕聖司氏、
A.T.カーニー プリンシパル / NPO法人KIDS代表 山本美樹夫氏
をゲストにお招きして、チャリティー講演会を開催します。

当日は、これまでのキャリアで培われてこられた
「リーダーシップ」「社会人ができる社会貢献」についてお話いただく予定です。
※詳細な記載は下記をご覧下さい!

また今回はチャリティーカフェということで、みなさまからいただきます参加費の一部は
支援機関の支援打ち切りによって閉鎖に追い込まれているモンゴル・ドンボスコ孤児院へ
寄付させていただきます。

e38389e383b3e3839ce382b9e382b3e5ada4e58590e999a21
こちら、ドンボスコ孤児院です。

週末の午後、様々な分野の第一線で活躍する方々のお話を聞きながら、
モンゴルの子ども達を応援しませんか?

***

以下、詳細です。

━━◆概要◆━━
【日時】
2014 年 5 月 31 日(土)13:30~18:00(受付 13:00~)
【場所】
RyozanPark 地下 1 階イベントスペース
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨 1-9-1(巣鴨駅より徒歩 2 分)
地図: http://bit.ly/1euf1CN

【参加費】
3,000 円(参加費の一部はドンボスコ孤児院へ寄付させていただきます)

【定員】
30 名(先着順) ※社会人限定※

【お申し込み】
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/175053/

━━◆プログラム◆━━
1、アイスブレイク(参加者自己紹介)
2、NGOユイマール代表・照屋講演
3、【ゲスト講演】
・日本GE株式会社代表取締役。GEキャピタル社長兼CEO 安渕聖司氏 「世界基準のリーダーシップ」
・A.T.カーニー プリンシパル/NPO法人KIDS代表 山本美樹夫氏「KIDS20年の軌跡とプロボノの魅力」
4、社会貢献のススメ~プロボノとして働くとは~
5、ネットワーキング(参加者交流)

━━◆ゲストプロフィール・略歴◆━━
【日本GE株式会社代表取締役。GEキャピタル社長兼CEO 安渕聖司氏】
1979年、早稲田大学政治経済学部卒、三菱商事入社。1990年、ハーバード・ビジネススクールMBA修了。1999年、米投資ファンド、リップルウッドの日本法人立ち上げに参画。2001年、UBS証券会社入社。投資銀行本部の運輸および民営化責任者として、多くの大型案件を手がける。2006年、GEコマーシャル・ファイナンスにアジア地域事業開発担当副社長として入社。2007年、GEコマーシャル・ファイナンス・ジャパン社長兼CEOに就任。2009年、GEキャピタル社長兼CEOに就任し、日本の金融サービス事業全般を統括、現在に至る。
●著書:GE 世界基準の仕事術 http://www.shinchosha.co.jp/book/335391/

【A.T.カーニー プリンシパル/NPO法人KIDS代表 山本美樹夫氏】
東京工業大学大学院総合理工学研究修了後、シカゴ大学経営大学院でMBAを取得。
大手精密機械製造業を経て、A.T.カーニープリンシパルに就任。新規事業戦略、海外戦略等といった経営テーマ、とりわけエレクトロニクス、IT分野でのコンサルを得意としている。ハンディキャップを持つ子ども達を支援するNPO法人KIDSの代表を務める。

●A.T.Kearney< http://www.atkearney.co.jp/ >
●NPO法人 KIDS<http://www.kids-npo.com/>

━━◆NGOユイマール◆━━
「世界中の子ども達が自尊心を持って暮らすことができ、自己実現を目指せる社会へ」 モンゴルのマンホールチルドレン等、社会的困難な状況にある子ども達の自立支援を行うNGO。 音楽によって、子ども達が成功体験を積み自己肯定感を得るプログラムと、大学進学プログラムにより、設立から7年間支援を行った孤児院の大学進学率90%、就職率100%を達成する。2014年度より、自立支援を拡げるべく、モンゴル最大規模である国立孤児院(孤児220名)とドンボスコ孤児院(孤児16名)の支援を開始予定。
※こちらの記事も是非ご覧ください。Greenz.jp「元マンホールチルドレンが最難関大学に次々合格!100%の就職率を誇る奇跡の孤児院」:http://greenz.jp/2012/06/09/yuimar/

━━◆代表者プロフィール◆━━
NGOユイマール代表 照屋朋子
早稲田大学法学部国際関係コース卒業。上智大学法科大学院卒業。法務博士。
国際開発コンサルティング会社にてJICAのプロジェクトに従事する。大学時代にモンゴルの孤児院「太陽の子ども達」と出会い、単身でモンゴル中の孤児院やマンホールを歩いてまわる。モンゴル渡航は30回を超える。大学卒業直後、NGOを設立し、社会人、大学院と両立しながら活動を続ける。2011年、世界経済フォーラム(ダボス会議)が選出する若手リーダーGlobal Shapers 30人に選ばれる。

***

お読みいただき、ありがとうございました。

お申し込みはこちらよりお願い致します。
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/175053/

みなさまのご参加をお待ちしております!

コメント(0)

【結果報告】ドンボスコ孤児院存続プロジェクト終了

2014年5月6日(火) |カテゴリー:

少し時間が空いてしまい、大変恐縮ながら、ご報告させていただきます。
先日お知らせした、今年の6月末で閉鎖予定のドンボスコ孤児院存続に向けたプロジェクト、
4月30日(水)23:00にプロジェクト終了を迎えました。


プロジェクト終了までの55日間でREADY FOR?様を通じ、
252人の方に3,728,000円ものご支援を頂きました。
ご協力、ご支援いただいた皆さま、本当にありがとうございました。
「ありがとう」という言葉では足りないくらい、皆さまに感謝しております。
皆様から頂いた温かいご寄附は、1円の無駄もなく、ドンボスコ孤児院のために使わせて頂きます。
心より感謝申し上げます。

content_359aed10da3a64061752e7a43dbe7a3ef55255c0


今後のチャレンジは、14人全員が卒業するまでこの孤児院を存続させることです。
ドンボスコ孤児院に暮らす一番年下の子どもが10歳であるため、
18歳卒業までの8年間、2022年まではドンボスコ孤児院を存続させなければなりません。
(所長の方針で、新たに他の子を保護する事はしないそうです)
このうち、皆さまのおかげで1年間の運営資金を確保できているので、
次は7年間分の資金を継続的に確保していく必要があります。


運営継続が確定したこの1年間の間に、ドンボスコ孤児院が継続収入を得る事が出来るよう、
NGOユイマールのドンボスコ孤児院支援チームが支援先の開拓、
ドンボスコ継続寄付会員システムの立ち上げなどをサポートをしていく予定です。

どうぞ引き続きご支援のほどよろしくお願い致します。


コメント(0)