【インターン特集】学生インターン・インタビュー②

2013年10月23日(水) |カテゴリー:

こんにちは、人事を担当しております、久保拓也です。
前回に引き続き、ユイマールで活動している学生インターンの体験談を掲載します。
インターンのイメージを広げつつ、今週末に迫った説明会インターンに
是非お越しください。

吉川 綾美
お茶の水女子大学3年
e59089e5b79defbc88e383a2e383b3e382b4e383abe381aee5ada4e58590e999a2e381abe381a6efbc893
モンゴルの孤児院にて(左側が吉川)

【大学生活と将来の夢】
発達心理学、臨床心理学等を専攻しています。ユイマール以外でも、多分野にわたり子どもに関するボランティアを掛け持ちしています。将来は心理の専門を活かし、実際に人と接する職に就きたいと考えています。自分とかかわった人をできる限り笑顔にすることが目標です。

【ユイマール活動歴】
1年半弱

【インターンを始めた理由】
今まで自分が見てきた日本の子どもたちと他の国の子どもたちはどのように違うのか実際に見てみたかったからです。また、社会人になるまでにある程度のマナーを身につけたいと思ったことも理由です。

【担当した仕事内容】
・スタディーツアー担当・同行
・奨学金担当
・コンサートにおける企業協賛渉外活動
・現在、組織開発チームにて、ミーティング運営、インターン生のフォローなど

【ユイマールの好きなところ】
自分の意見をためらわず、はっきり言ったとしても受け止めてくれるところと、学生の声もしっかり反映されるところです。

【最も楽しかった、心に残った経験】
実際にモンゴルに行き、子どもたちと触れ合えたこと、普段子どもたちがどのように生活しているのか見ることができ、子ども達へのインタビューを通して、彼らの考えを知ることができたのはとても楽しかったです。また、モンゴルや日本に関わらず様々な方にお会いし、お話を伺うことができたのは、自分の世界をより広くすることにつながったと思います。

【最も成長した、辛かった経験】
昨年度開催した、太陽のコンサートの際に、協賛が決定した企業様への対応を任され、1人で計画から全てを担当したときに、不安が大きくて押しつぶされそうになったり、自分が信用できなくなったりすることがありました。しかし、実際に協賛企業の方々とお会いして応援や励ましの言葉を頂いた時に大きなやり甲斐を感じることができ、無事に対応が終了したときには、達成感と、自分の長所や成長を感じることが出来ました。また、中高時代は、自分と同じような考え方やモチベーションを持つ人々とばかり過ごしてきましたが、ユイマールでは、異なる考え方、モチベーション、時間感覚を持ったメンバーと出会い、一緒に活動するにあたってコミュニケーションの取り方や投げかける言葉について深く考えさせられました。

【メッセージ】
ユイマールは私にとって積極的に動けば動くほど、人と関われば関わるほどおつりがくるくらい自分に得るものを与えてくれる団体です。また、スタッフの「やってみたい」をとても大切にしてくれる団体だと思います。
私が行っても大丈夫かしら…?なんて悩むのはやめにして、まずは説明会でユイマールの「人」に触れてみてはいかがでしょうか。絶対オススメです!!!

三木康裕
東京大学大学院  修士2年

e4b889e69ca8efbc88e4bc9ae8a888e38381e383bce383a0e381a8efbc89
会計チームと(写真真ん中が三木)
【ユイマール活動歴】
3年

【インターンを始めた理由】
海外でボランティア活動をしていたことがあったのですが、日本でもできる国際協力を何かやりたいと思い、大学の先輩の紹介でユイマールでの仕事を始めました。

【担当した仕事内容】
太陽のコンサート会計
会計

【ユイマールの好きなところ】
目標の高い人が集まるところや、社会人スタッフ、学生スタッフが分け隔てなく仕事をしているところが好きです。

【最も楽しかった、心に残った経験】
モンゴルに渡航し、支援している子どもたちと触れ合った経験、子どもたちの来日コンサートの際に子どもたちのお世話をした経験が心に残っています。普段の国内での会計の活動でもモンゴルの子どもたちの支援にしっかりとつながっていると感じました。

【最も成長した、辛かった経験】
毎年の決算の時期は仕事量が多く、締め切りも厳しいので大変でした。しかし、できあがった収支報告書が年次報告書に記載され、多くの会員様の目に触れられ、ユイマールの重要な情報を発信していると考えると、とてもやりがいを感じたとともに、決算を乗り越えた自分の成長を感じました。

【メッセージ】
私はユイマールでの活動を通して考える力、組織で仕事をする力、リーダーシップを高めることができました。また、社会人スタッフや他大学の学生スタッフの方との出会いを通して非常によい刺激を受けました。サークルなどでは得られない経験も多く、学生生活にとってきっとよい経験と出会いを与えられるのでとてもお勧めです。

コメント(0)

コメント&トラックバック

トラックバックURL : http://yuimar.org/2013/10/1027-3/trackback/