【インターン特集】学生インターン・インタビュー②

2013年10月23日(水) |カテゴリー:

こんにちは、人事を担当しております、久保拓也です。
前回に引き続き、ユイマールで活動している学生インターンの体験談を掲載します。
インターンのイメージを広げつつ、今週末に迫った説明会インターンに
是非お越しください。

吉川 綾美
お茶の水女子大学3年
e59089e5b79defbc88e383a2e383b3e382b4e383abe381aee5ada4e58590e999a2e381abe381a6efbc893
モンゴルの孤児院にて(左側が吉川)

【大学生活と将来の夢】
発達心理学、臨床心理学等を専攻しています。ユイマール以外でも、多分野にわたり子どもに関するボランティアを掛け持ちしています。将来は心理の専門を活かし、実際に人と接する職に就きたいと考えています。自分とかかわった人をできる限り笑顔にすることが目標です。

【ユイマール活動歴】
1年半弱

【インターンを始めた理由】
今まで自分が見てきた日本の子どもたちと他の国の子どもたちはどのように違うのか実際に見てみたかったからです。また、社会人になるまでにある程度のマナーを身につけたいと思ったことも理由です。

【担当した仕事内容】
・スタディーツアー担当・同行
・奨学金担当
・コンサートにおける企業協賛渉外活動
・現在、組織開発チームにて、ミーティング運営、インターン生のフォローなど

【ユイマールの好きなところ】
自分の意見をためらわず、はっきり言ったとしても受け止めてくれるところと、学生の声もしっかり反映されるところです。

【最も楽しかった、心に残った経験】
実際にモンゴルに行き、子どもたちと触れ合えたこと、普段子どもたちがどのように生活しているのか見ることができ、子ども達へのインタビューを通して、彼らの考えを知ることができたのはとても楽しかったです。また、モンゴルや日本に関わらず様々な方にお会いし、お話を伺うことができたのは、自分の世界をより広くすることにつながったと思います。

【最も成長した、辛かった経験】
昨年度開催した、太陽のコンサートの際に、協賛が決定した企業様への対応を任され、1人で計画から全てを担当したときに、不安が大きくて押しつぶされそうになったり、自分が信用できなくなったりすることがありました。しかし、実際に協賛企業の方々とお会いして応援や励ましの言葉を頂いた時に大きなやり甲斐を感じることができ、無事に対応が終了したときには、達成感と、自分の長所や成長を感じることが出来ました。また、中高時代は、自分と同じような考え方やモチベーションを持つ人々とばかり過ごしてきましたが、ユイマールでは、異なる考え方、モチベーション、時間感覚を持ったメンバーと出会い、一緒に活動するにあたってコミュニケーションの取り方や投げかける言葉について深く考えさせられました。

【メッセージ】
ユイマールは私にとって積極的に動けば動くほど、人と関われば関わるほどおつりがくるくらい自分に得るものを与えてくれる団体です。また、スタッフの「やってみたい」をとても大切にしてくれる団体だと思います。
私が行っても大丈夫かしら…?なんて悩むのはやめにして、まずは説明会でユイマールの「人」に触れてみてはいかがでしょうか。絶対オススメです!!!

三木康裕
東京大学大学院  修士2年

e4b889e69ca8efbc88e4bc9ae8a888e38381e383bce383a0e381a8efbc89
会計チームと(写真真ん中が三木)
【ユイマール活動歴】
3年

【インターンを始めた理由】
海外でボランティア活動をしていたことがあったのですが、日本でもできる国際協力を何かやりたいと思い、大学の先輩の紹介でユイマールでの仕事を始めました。

【担当した仕事内容】
太陽のコンサート会計
会計

【ユイマールの好きなところ】
目標の高い人が集まるところや、社会人スタッフ、学生スタッフが分け隔てなく仕事をしているところが好きです。

【最も楽しかった、心に残った経験】
モンゴルに渡航し、支援している子どもたちと触れ合った経験、子どもたちの来日コンサートの際に子どもたちのお世話をした経験が心に残っています。普段の国内での会計の活動でもモンゴルの子どもたちの支援にしっかりとつながっていると感じました。

【最も成長した、辛かった経験】
毎年の決算の時期は仕事量が多く、締め切りも厳しいので大変でした。しかし、できあがった収支報告書が年次報告書に記載され、多くの会員様の目に触れられ、ユイマールの重要な情報を発信していると考えると、とてもやりがいを感じたとともに、決算を乗り越えた自分の成長を感じました。

【メッセージ】
私はユイマールでの活動を通して考える力、組織で仕事をする力、リーダーシップを高めることができました。また、社会人スタッフや他大学の学生スタッフの方との出会いを通して非常によい刺激を受けました。サークルなどでは得られない経験も多く、学生生活にとってきっとよい経験と出会いを与えられるのでとてもお勧めです。

コメント(0)

【インターン特集】学生インターン・インタビュー

2013年10月19日(土) |カテゴリー:

こんにちは、人事を担当しております、久保拓也です。
ユイマールで活動している学生インターンの体験談を掲載します。
インターンを検討している学生さんの参考になれば幸いです。

宮坂菜美
お茶の水女子大学3年
e5aeaee59d82efbc88e5ada6e7949fe382a4e383b3e382bfe383bce383b3e98194e381a8efbc892
学生スタッフと一緒に(左から2番目宮坂)

【大学生活と将来の夢】
大学では社会科学を専攻しており、政治哲学と家族法のゼミに入っています。課外活動では、インカレのバドミントンサークルに入っていて週2回ほど汗を流しています。幹部時代は副会長を務めていました。アルバイトは週2回ほど、体育館で受付をしています。将来は、法を活かした仕事でかつ、ミクロな視点で弱い立場の人の支援をしたいと思っており、裁判所の職員を目指して勉強中です。

【ユイマール活動歴】
2年4か月。大学1年生の6月にインターンを始めました。

【インターンを始めた理由】
大学生活は4年間しかないので、やりたいことは早い段階からやっておこうと入学当時から決めていました。国際支援に興味があったのは勿論ですが、大学以外での人との繋がりを持ちたいと考えていました。周りで1年生からインターンをやっている人はあまりいませんでしたが、早い段階からインターンを経験することでその後の学生生活がより充実したものになるのではないかと考え、ユイマールでインターンを始めることにしました。

【担当した仕事内容】
大学1年生:スタディーツアー同行、様々なセミナーへの参加、忘年会企画、広報補佐
大学2年生:会報・年次報告書・パンフレット作成、外部対応
大学3年生:会報・年次報告書作成、外部対応、取材同行

【ユイマールの好きなところ】
若い団体なので、大きな組織では経験出来ないような業務をすることができるところです。
実際に、私は昨年から、年次報告書やパンフレットなどの制作を全て任せられるようになりました。また、スタッフ間の距離が近いこともユイマールの良いところではないかと思います。同年代の仲間からは刺激をもらい、社会人スタッフからは仕事のノウハウだけでなく、考え方そのものを学び取ることができます。向上心のあるスタッフがたくさんいるユイマールで、日々経験を積めていることに感謝しています。

【最も楽しかった、心に残った経験】
昨年開催した太陽のコンサートの後に出した会報で、来日した子どものインタビューを掲載しました。その際に、ホームステイ先のお母さんから、「素敵な会報をありがとうございます。何度も何度もインタビューを読み返しています」というメッセ―ジをいただきました。初めて自分が作った広報物に対する、会員さんからの感謝のメッセージでしたので、とても嬉しかったのを今でも覚えています。その時から、読んだ人に楽しんでもらえるような、そして元気を与えられるような広報物を作ろうと考え、今もその思いをずっと続けています。

【最も成長した、辛かった経験】
1年生の冬に忘年会の企画をしたことが、最も成長した経験です。それまで、一度も企画から運営までを一人で担当した経験がなかったので、2ヶ月間にわたり忘年会を企画したことはとても大変でした。忘年会自体は50名以上の参加者にお集まりいただき、成功に終わったのですが、終了後に参加者へのお礼メールを送り損ねていました。その際、代表から「イベントが終わった時点では、本当の終わりではないんだよ。事後処理も終わらせて初めて本当の終わりなんだよ」とご指摘を受けました。感謝の気持ちを伝えることは、その方と良好な関係を今後も築いていく上でとても大切だということを実感しました。今でもその言葉は常に私の心の中に残っています。

【メッセージ】
大学生活は4年と短いものなので、何でもやりたいことはやった方がいいと思います。
私も勉強、インターン、バイト、サークルとやりたいことは全部経験してきましたが、やはりその中で大学生活の軸になるものを見つけることが大切なのではないかと思っています。私は大学生活の軸となるものが、ユイマールでのインターンでした。一つの組織にコミットすることで、いい部分も悪い部分もたくさん見えてくると思います。その際、自分がその組織で何ができるか、どうやったら改善できるかを考えることが、自分の成長にも繋がり、組織の成長にも繋がると思います。私自身、インターンを始めた当時は殆ど何も考えていませんでしたが、インターンを経験することで考え方が大きく変わりました。是非みなさんにも、ユイマールでのインターンを通して、自分自身を成長させて欲しいと思っています。
e5aeaee59d82efbc88e383a2e383b3e382b4e383abe381aee5ad90e381a9e38282e98194e381a8efbc892
モンゴルにて孤児院の子ども達と公園で(左から3番目宮坂)


征矢しおり
聖心女子大学3年 

【大学生活(専攻、バイト、他の活動など)と将来の夢】
国際交流を専攻していて、国際政治ゼミに所属しています。アルバイトは塾の講師をしていて、箏曲部、軽音サークル、途上国でのフィールドワークプロジェクトなど、他にも幅広い活動を行っています。将来の夢は、国際関係や、開発援助・国際協力への興味があるため、その知識と関心を生かす仕事に就きたいと考えています。国内外で様々な人と出逢い、人と人をつなぐ事がしたいです。

【ユイマール活動歴】
1年

【インターンを始めた理由】
「本気」で「国際協力」がしたい!その思いが第一です。ユイマールのコンサートスタッフの募集説明会を偶然知り、ユイマールの掲げるビジョンに強く共感したためインターンを始めました。

【担当した仕事内容】
2012年太陽のコンサートスタッフ (企画、商品開発、営業)
営業、人事

【ユイマールの好きなところ】
スタッフ一人一人を大切にするところや、各々のやる気と興味、関心を最大限に生かす事ができる点です。「ビジョンを達成するには、まずスタッフの成長や自己肯定感を大切にする」という照屋さんの口癖通り、悩みや障壁を皆で解決しようとしてくれます。また、様々な人との出逢いがあるところもユイマールの魅力です。モンゴルのマンホールチルドレンとの出逢いはもちろんのこと、社会人プロボノスタッフ、他大学の学生など、様々なバックグラウンドと価値観を持った方に出逢い、一緒に仕事をすることが出来ます。

【最も楽しかった、心に残った経験】
2012年の太陽のコンサートが今でも心に残っています。
厳しい環境で育ってきた子どもたちの笑顔、力強い演奏と踊り、迫力の演技を見て、 「生きる」とはこんなにも素敵なんだと、改めて感じました。

【最も成長した、辛かった経験】
「いろんなことにチャレンジしたい!」という気持ちが強いあまりに、ユイマールの活動と外での活動の優先順位を付けることが難しく、非常に悩みました。そういった弱みを、指摘してアドバイスを頂いたことが、私にとって1番の成長につながりました。

【メッセージ】
向上心は人を成長させてくれます。そしてユイマールは、向上心を刺激する素晴らしい場所です。 「国際協力」がしたいけれど、自分にできることってなんだろう?という思いを抱えている方も、興味があるけど自分に出来るかな?という方も、まずは飛び込んでみてください!今までより視野がグッと広がるのと同時に、自分の可能性の発見にも繫がると思います。皆さんとお会いできることを楽しみにしています♪

コメント(0)

【お知らせ】社会人プロボノ、学生インターン募集説明会 10月27日(日)

2013年10月1日(火) |カテゴリー:

スタッフ モンゴルの孤児院訪問

スタッフ モンゴルの孤児院訪問


○★○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ユイマール社会人プロボノ・学生インターン募集説明会
2013 年 10 月 27 日(日) 10:00-12:00
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○★○
モンゴル国のマンホールチルドレンや孤児たちを支援しているNGOユイマールは、新規事業の開始に際して、社会人プロボノ(総務/人事)と学生インターン(広報、営業、総務/人事)を募集いたします。
現在、日本事務局は14人の学生と社会人が運営をしており、楽しくアツく働ける仲間を募集しています。
募集説明会を以下の通り開催いたしますので、皆様の積極的なご参加をお待ちしております!

学生インターン@孤児院「太陽の子ども達」(モンゴル)

学生インターン@孤児院「太陽の子ども達」(モンゴル)

━━◆ユイマール社会人プロボノ・学生インターン募集説明会について◆ ━━
代表照屋より NGOユイマールのVISION、活動全体の紹介および、実際に活動中の社会
人プロボノと学生インターンから各担当の役割を紹介いたします。一般的な説明会形
式ではなく、可能な限り双方向の情報共有ができる場にしたいと考えております。

社会人プロボノスタッフ(2012年度)

社会人プロボノスタッフ(2012年度)

━━◆プロボノ・インターンで得られる機会◆ ━━
・社会人/学生とチームになって仕事を進めることで得られる知識や実務経験
・主体的に人を巻き込み動かしていくリーダーシップ経験/プロジェクトマネジメント経験
・高い問題意識を持った意欲的な社会人/学生とのネットワーキング
・仕事や学業とは異なるやり甲斐、楽しさ

ミーティングの様子

ミーティングの様子

━━◆求める人物像◆ ━━
・ユイマールのビジョン及び活動に共感して頂ける方
・主体性、ヤル気があり、最後まで責任感を持って活動に取り組める方
・週5時間~10時間程度活動に参加でき、月2~4回のミーティングに参加出来る方
現在、お茶の水女子大学・聖心女子大学・東京大学・早稲田大学等の学生スタッフ
と、メーカー・外資系PR会社・イベント会社など異業種で活躍する20代~30代の社会人プロボノが中心となって活動しております。

ミーティングの様子

ミーティングの様子

━━◆募集職種・人数◆ ━━
社会人プロボノ: 総務・人事担当(1名) ※経験者歓迎
学生インターン: 広報担当(1名)、 営業担当(1名)、 総務・人事担当(1名)
※経験の有無は問いません。広報、営業、総務/人事の中から興味のあるチームを選んでいただきます。

ミーティング休憩中

ミーティング休憩中

━━◆仕事内容◆ ━━
【社会人プロボノ:総務/人事】
・代表の秘書業務、事務局内の総合事務
・採用に向けた戦略策定および実行

【学生インターン:総務/人事】
・代表の秘書業務、事務局内の総合事務
・人材募集説明会の運営など、採用活動に関する業務

<総務・人事に向いているのはこんな人>
・地道な仕事が好きな人
・前向きで忍耐力のある人
・総務・人事に関心のある人。

【学生インターン:広報】
・会報や年次報告書、パンフレットなどのドキュメント作成と発送作業
・FacebookやTwitterを用いての団体の活動情報の発信
・名簿整理やその他ドキュメント作成などの事務作業

<広報に向いているのはこんな方>
・広報分野に興味のある人
・変化に柔軟に対応できる人

【学生インターン:営業】
・現有会員様との情報やり取り(窓口業務)
・新規会員獲得に向けた活動の考案および実行 など

<営業に向いているのはこんな方>
・ユイマールに興味があり、心からやってみたい!と思っている人
・営業分野に興味のある人
・積極的で忍耐力がある人

ミーティング後の懇親会

ミーティング後の懇親会

━━◆インターン・プロボノ期間◆ ━━
5ヶ月~15か月(2013年11月開始)

懇親会@モンゴル料理店

懇親会@モンゴル料理店

━━◆インターン・プロボノ採用までのステップ◆ ━━
①説明会参加(募集職種の決定)
②担当チームスタッフとの面談(2時間程度)
③代表照屋との面談(2時間程度)
④面談通過後、事務手続きを経て採用
※応募者多数の場合は適正、担当チームとのマッチングを考慮の上で選考にて採用可
否を決定いたします。
※面談は対面もしくはSkypeにより行う場合があります。ご了承ください。

━━◆インターン・プロボノ募集説明会概要◆ ━━
【日時】: 2013年 10月 27 日(日) 10:00~12:00 (受付:9:45~)
【場所】: NGOユイマール事務所
東京都墨田区本所 3-15-5 ソーシャルインキュベーションオフィス SUMIDA
(最寄り駅:都営地下鉄浅草線 本所吾妻橋駅から徒歩10分、都営大江戸線 蔵前駅か
ら徒歩10分)
地図:http://www.tokyo-kosha.or.jp/incubator/sumida/index.html
【参加費】:無料
【定員】: 15名程度

━━◆お申込み◆ ━━
以下リンクより必要事項をご記入いただき、申し込みをお願いします。
http://kokucheese.com/event/index/114054/
※ 10 月 26 日 23 : 59 までにお申し込みください
※ 先着順のお申し込みになりますので、定員になり次第締め切らせていただきます

━━◆プログラム◆ ━━
1)代表照屋よりNGOユイマールの活動全体の紹介(Q&A含) 10:00~ 11:00(60分)
2)社会人プロボノより各役割の紹介(Q&A含) 11:00~ 11:30(30分)
3)インターン経験者からの体験談の紹介(Q&A含) 11:30~ 12:00(30分)
4) 各自アンケート記入後終了
※プログラムは変更になる場合があります。ご了承ください

━━◆ NGOユイマールについて◆ ━━
「世界中の子ども達が自尊心を持って暮らすことができ、自己実現を目指せる社会へ」
2007年9月設立。
モンゴルの孤児院「太陽の子ども達」の運営支援事業、孤児を日本に招いての来日コンサート事業、孤児向け大学進学奨学金等を運営(2007年~2013年)。
2014年度より、モンゴルの200人の孤児支援、アフリカの元少年兵・戦争孤児支援を計画中。
NGO ユイマール WEB サイトhttp://yuimar.org/

━━◆代表者プロフィール◆ ━━
NGOユイマール代表 照屋朋子
沖縄県出身。早稲田大学法学部卒業、上智大学法科大学院卒業。法務博士。
大学2年生の時に初めて訪れたモンゴルで孤児院「太陽の子ども達」と出会い、大学院在学中にNGOユイマールを設立する。JICA中国企業法・経済法整備支援 プロジェクトに従事した後、現職。
2011 年、世界経済フォーラム(ダボス会議)が選出する日本の若手リーダー Global Shapers30 人に選ばれる。
特集:朝日新聞GLOBE突破する力http://globe.asahi.com/breakthrough/2013022800002.html
映像:照屋朋子の原点・志ムービー【約7分】 http://www.youtube.com/watch?v=uzzil4LTDZg

━━◆お問い合わせ◆ ━━
NGOユイマール 人事チーム
久保拓也 kubo[at]yuimar.org
※[at]を@に変換ください。

コメント(0)