世界経済フォーラムが選ぶ若手リーダー30人に選んで頂きました。

2011年11月30日(水) |カテゴリー:

サンバイノー、代表の照屋です。久しぶりのブログ更新となります。
最近は、Twitter上で近況報告をしておりますので、宜しければフォローをお願いします。
NGOゆいまーる公式アカウント @ngoyuimar
私のアカウント @teruyatomoko

世界経済フォーラム(ダボス会議)が選ぶ日本の20代30代の若手リーダー、グローバル・シェーパーズ・コミュニティ(GSC)に選んで頂きました。

WEF Global Shapers Community with McKinsey
bit.ly/sPBoKO

グローバル・シェーパーズ・コミュニティ(GSC)は、将来的に国際的な活躍が期待される20代リーダーの集まりで、今年設立されました。政治や文化、スポーツなどさまざまな分野で実績を上げたリーダーが、世界127カ国で選出されています。

日本では、世界中の政府機関の顧問をされている齋藤ウィリアム浩幸氏がキュレーターとなり、宮内庁、経済界、世界経済フォーラム関係者など、グローバルに活躍する方々から候補者の推薦を募られたそうです。WEBサイトからの応募と推薦された方156人の中から最終的に30人が選出され、大変光栄なことに、私も選んで頂きました。

私はヤンググローバルリーダー2011に選ばれたNPO法人ETIC.の宮城治男さんから推薦を頂き、
世界経済フォーラムのシュワブ会長との朝食会に参加しただけで選考に通ってしまったため、何が起きているのかわからないまま今に至っているというのが正直なところです。

ただ、選ばれた方々は、各界を代表される素晴らしい方々ばかりで、視野が広く、既にたくさんの刺激を頂いています。また、日本のトップ起業の経営者の方々との夕食会や、各国の大使館での朝食会へのご案内も頂いており、世界への扉が開かれた事を感じています。

GCS2011ジャパン選出者30人プロフィール

思いかえせば、NGOを立ち上げてからの4年間は、視野が相当に狭くなっていたと思います。
いかに1円の寄付を集め,いかに1円を節約するか、日々のタスクをどう行うか、スタッフのマネジメントをどうするか、と日常の業務に追われる日々でした。

大学時代は、常に世界レベルで物事を捉えようと心がけ、世界中の友人と語らい、海外メディアにも目を向けていましたが、NGOを立ち上げてからは英語を話す機会さえ作らず、英文を読んだ事もほとんどありませんでした。(モンゴルはモンゴル語なので…)
全くお恥ずかしい話ですが、今は英語を話そうとすればモンゴル語が出てきてしまうという有り様で、コミュニケーションをとることに一苦労している状態です。

そんな私ですが、私はこの機会に大きな成長をできると確信しています。
グローバルに活躍するリーダー達と世界の問題を議論し、新しいアイデアを出し、ともに世界を変える方法を実現していきたいです。

私の夢、ゆいまーるのミッションは、
「世界中の子ども達が安心して暮らし、自己実現を目指せる社会を作ること」です。

人は、1人で出来ることは限られていますが、仲間が100人、1000人、1万人と増えれば必ず世界を変える事が出来ます。ゆいまーるも、最初は1人で始めたNGOでしたが、今ではスタッフ9人、プロボノ・ボランティア100人のNGOになりました。

願えば世界は必ず変えられます。

マンホールやストリートに暮らす子ども、売春に身を置いている子ども、兵士をさせられている子ども、児童労働させられている子ども…世界の子ども達が置かれた現状は甘受できません。

どの国に生まれても、どんな環境で育ったとしても、夢に向かって生きていける社会を、必ず築きます。
出来れば私が生きているうちに。もしくは、私が死んだとしても、この夢が達成される仕組みを作ります。

世界への第一歩として、まずはモンゴルから始めています。
現在は、孤児院「太陽の子ども達」に焦点をあてた、施設運営と孤児院卒業生に対する大学進学奨学金提供を行っています。

Think globally act locally
一点突破

この2つの考え方に立ち、まずは1つの孤児院を対象に絞って集中的に活動を行いました。
1つの孤児院と対峙することによって見える世界がある、その思いで活動してきました。
文化や価値観の違いから追い出され、絶縁を迫られたこともありましたが、話し合い、互いを曝け出し、時には感情をぶつけ、信頼関係を築いてきました。
ようやく今年、一段落ついた、次のステージに進めるという実感を持ちました。

そこで、5年後には、モンゴルのマンホールチルドレン全員の保護と、モンゴルの孤児院に暮らす全孤児向けの自立支援を行う事に致しました。

どうやって?と聞かれると論理一貫性のある完璧な答は今はありませんが、私の中ではある程度のプランがあります。また、GSCの様なグローバルなコミュニティーで多くのヒントを得たいと考えています。

まだまだ未熟なリーダーですので、世界の風を浴びて、たくさん勉強させて頂こうと思います。
長くなりましたが、今後とも温かいご声援・ご協力を宜しくお願い致します。

おまけです…
GSC本部に提出した自己紹介VIDEOです。
言い訳ですが、、、作成期間が3日しかなかったので、大急ぎで作りました。ご笑覧ください。
NGO YUIMAR

照屋朋子

◇関連記事◇
沖縄タイムス 次代のリーダー照屋さん選出 ダボス会議主催者

コメント(0)