早くも腐りかけた

2009年2月27日(金) |カテゴリー:

人は環境によって染まっていくもの。
自分が腐っていきそうで怖いです。しっかりしなくては。

———————————————
一昨年、私は大学院を休学してゆいまーるを立ち上げました。

休学する際、親に「生活費は自分で出します」と豪語してしまったため、私はアイシーネットでリサーリアシスタンントとして働くことになりました。
アイシーネットは国際開発コンサルタント会社で、ODA(政府開発援助)のプロジェクトをJICAから委託されて、実際に現地でプロジェクトを実施している会社です。大学生時代から憧れていた会社でした。
http://www.icnet.co.jp/

アイシーネットでは尊敬できる方にたくさん出会いました。

その中でも、私が最も尊敬しているのはアフリカを中心に活躍されているOさんです。
私が入社した際の歓迎会で、私はゆいまーるの話を交えた挨拶をしました。

「ずっと関わっていたモンゴルの孤児院が倒産しかけたので大学院を休学してNGO立ち上げました。自分の生活費も稼がねばなりませんのでアイシーネットで働かせて頂きます。よろしくお願いします。」

それを聞いたOさんは
「おまえアホやなぁ。ほんまもんのアホやなぁ。なんも考えんと休学してしまったんか!」
「おまえみたいなのと一緒に仕事したいわ。」

と言ってくださいました。
そして、モンゴルの事、ゆいまーるの事を真剣に聞いてくださいました。
Oさんの事についても話してくださいました。
中学生の時から国際協力をしたかったこと。アフリカの穏やかな田舎から帰国直後にその地域が内戦により焼け野原になってしまい激しい怒りにおそわれたこと。現在、ご家族も一緒にアフリカで暮らしていて、強盗に入られたり銃をつきつけられたり恐ろしい日常を生きていること。それでも世界の平和に貢献したいこと。

私は後からOさんがアイシーネットで5本指に入る偉い方だと知るのですが、
Oさんの気さくさ、途上国支援に対するアツい想い、そして私のような無計画ともいえる若者と一緒に仕事がしたいと言える寛大さに、素直に感激しました。

何歳になっても、Oさんの様にアツい気持ちを持ち続けたい、そう思いました。

———————————————————–
時はかわって現在、私は上海の5つ星ホテルに宿泊しています。

アイシーネットではない国際開発コンサル会社にて、
中国の経済法・企業法の法整備支援プロジェクトに関わっています。
http://project.jica.go.jp/china/0602055/01/index.html

今日明日と、中国政府向け独占禁止法研究会と、在中企業向け独占禁止法セミナーを法整備支援の一環として開催します。その会場であるホテルに宿泊している、というわけなのですが・・・

すっごく豪華なんです!

会議室

会議室

私の部屋

私の部屋

写真では豪華なのか否かうまく伝えられる気がしませんが、さすがは5つ星という、感じです。

豪華なのは決して無駄遣いしているからではありません。
参加者が、中国は政府高官クラス、日本側は独占禁止法の第一人者である教授、公正取引委員会の幹部級の方々であり、内容も高度で専門性の高い研究会であるため、それなりの会場を用意しなければならなかったのです。

正当な理由があっての5つ星ホテル宿泊とはいえ、毎日高級料理を食し、広い部屋に宿泊していると、もっと豪華なものをもっと美味しいものを…と欲が高まっていくのを感じます。フリーな日には観光地に行ってみようか、エステに行ってみようかと考えてしまいました。

でも、ちょっと待った。なぜ中国でODAのプロジェクトをやっているのか。
上海など大都市は別として中国はまだまだ発展途上で、貧しい生活を強いられている人がいるからです。上海は東京とかわらぬ暮らしぶりに感じますが、郊外や田舎の方はまだまだ貧しく、アフリカと変わらないくらいだ、とも聞いたことがあります。
私はODAのプロジェクトで中国に来ていながら、それを知らずして帰るのか、と思うと恥ずかしくなってきました。ODAのお金を使って中国に来ている以上、支援が必要な現場を見る責任があるのではないかと思うと同時に、豪華な生活の中でこれを楽しみ、本来の目的を忘れそうになった自分に危機感を感じました。

自分が豪勢な環境に侵されている気がして上司に疑問をぶちまけました。

「少なくとも中国において法整備は上層部の方と付き合っていく仕事だからなぁ」

と言われました。確かに・・・

法整備支援をする、ということは法整備をできる立場にある方々とお付き合いをする、ということなんですね。。。
ということは、自ずと私の生活も豪華になるわけですが、これを楽しんでいてはいけないですよね。

位の高い方とお付き合いしていても、マンホールで暮らす子ども達と大衆食堂に行ける自分でありたい、強くそう思いました。

環境に呑まれず、ピュアな自分を保ち続けたいです。
————————————————

フリーな日は田舎の方へ出掛けようかと密かに計画中です。

コメント(4)

「椎名誠とあやしい撮影隊」

2009年2月24日(火) |カテゴリー:

こんにちは!
Design Products事業担当の梅野です。

ちょうど一年くらい前から、馬好きが高じてモンゴルへ行くことを決めた方の
モンゴル語の家庭教師をしています。
いよいよ4月からモンゴルへ行くことになり、卒業シーズンにふさわしく、
私もちょっぴり卒業生を見送る先生になった気分です。

さて、その方が「椎名誠とあやしい撮影隊 モンゴルの大草原を行く」というビデオを先日貸してくれました。
これは、椎名さんが「白い馬」という映画を撮影したときの、舞台裏ドキュメンタリーです。
15年くらい前のモンゴルですから、そのビデオの中のモンゴルが何だか懐かしく、少し切なく見ました。

椎名さんといえば、子どもや絵本を愛してやまないことでも知られていますが、
その椎名さんが主役の男の子バーサンフー君について、こんなふうに語っています。

 くったくがなくて、頭がいい。
 まだ7歳なのに、理路整然としてる。
 大人にだって、それは違うんじゃないか、てちゃんと言う。
 日本にいないんじゃないかなぁ、ああいう子。

そんな大絶賛を受けたバーサンフー君は、実は父親を亡くして、おじいさんの家で暮らしています。
大人と同じように馬を扱い、一家の仕事をしっかり支えています。

でも、これは約15年前くらいの映像だから、彼は今22,3歳ですかね?
今年度奨学金を渡したルーヤのように、立派な青年になっているんではないかなぁ?なんて思いました。

ドキュメンタリーの最後、椎名さんは、旧正月にバーサンフー君のおじいちゃんの家を訪ねて、
そこで白い馬をプレゼントされます。
そのシーンはすごく美しかったです。
真白な草原で、陽の光があたる中、椎名さんが贈り物の儀式のお酒を飲みほしているんですが、
氷になった空気がキラキラ光って舞っていて、ダイヤモンド・ダスト現象が起きているんです。

椎名さんは、いろんな国を旅してきた中でも、
モンゴルを一番愛しているそうですが、
その理由に、モンゴルの人たちの顔つき、生き方、家族愛、動物とのかかわり方、
そんなことを挙げています。

そして、中でも子どもたちが素敵だと語っています。

 目の輝きが、もう、日本人の子どもたちにはない。
 目がダイヤモンドみたいにピカピカ光ってる。
 すごく、悲しいくらい、うらやましい世界です。

贈物のシーンのダイヤモンド・ダストと、この言葉が重なって感じられました。

☆今日のモンゴル語講座☆

馬  морь [mori] モリ
馬群  адуу [aduu] アドー
一歳馬  унага [unaga] オナガ

(※モンゴルでは一歳~五歳までの馬を別々の呼び名で呼び分けます。)

コメント(0)

ボランティアスタッフ募集

2009年2月21日(土) |カテゴリー:

再び、鹿野です。

現在ゆいまーるでは2つのイベントへの参加準備を行っております。

そこで、一緒に企画・運営をしていただけるボランティアスタッフさんを大募集です!!!!!!

【イベント概要】

①アースデイ

4月18、19日に代々木公園で『地球の日』に合わせて行われるイベントです。 今回ゆいまーるのスポンサーである(株)イデアインターナショナル様と共同で参加させていただくことになりました。
学生の方は、社会人の方々から色々勉強できる良い機会だと思います!

②ハワリンバヤル

モンゴル通の方はご存知かと思いますが、5月3、4日に光が丘公園で『ハワリンバヤル』というモンゴル人留学生主催のお祭りがあります。動員数5万人を誇る大イベントなのですが、今年はゆいまーるもブースを出展したいと考えています。

以上、2つのイベントの企画・運営に携わっていただけるボランティアスタッフさんを募集しています!

企画から運営まで関わっていただけるので、やりがい&経験値アップは間違いないです!

『イベントやってみたい!』

『モンゴル好きだっ!』

『NGO活動に興味あり』

など、興味を持たれた方がいらっしゃいましたらご連絡ください。

まだ先の日程なので予定が分からないという場合でも、少しでもやってみたいという方は教えてください!

【連絡先】

NGOゆいまーるハミングバーズ 企画部 鹿野詩織  kano@yuimar.org

よろしくお願いいたします。

コメント(0)

ガールズトーク☆シャンパン

|カテゴリー:

企画部・鹿野です!

今日は雨でイヤですね>< 早くあったかくなってほしいなぁ。。

さてさて、突然ですが昨日の夜、私盛り上がっちゃったんです!!笑

ゆいまーるがとってもお世話になっている(株)イデアインターナショナルの方とゴハンをご一緒させていただいたんですが、も~~~、最高に楽しかったです!就活相談にも乗ってもらって元気が出たし、留学経験とか大塚のチンギスハーン(モンゴル料理屋)LOVEとか、知らなかった共通点がいっぱいでした☆

ビールも進み、おなかもモツ煮で満たされてきたら・・・(女の子2人なのに。。w)、ガールズトークです!!>w<待ってました!!

女の子で良かったと思う瞬間です。男の子もボーイズトークってするのかな・・・・???(@3@)

内容はみなさまのご想像におまかせしますが、とにかく楽しかったです(*^^*)

*****

ここからは今日の出来事です。

今日、某超高級アパレルのセミナーに行ってきたんです。

周りはキラキラな感じでなんだか場違いでしたが・・・笑
どうしても行きたい理由があったんです!!

それは・・・セミナー後のシャンパン・ワイン試飲会があったから!!

あんな高級ワイン、初めて口にしました・・・。
不景気、不景気といいつつも、潤っているところはあるんですよね。

でも、私は高級バー<さくら水産派だし、やっぱり「そのバッグをトゥグルク(モンゴル通貨)に換えてモンゴル持ってっちゃいたいな~」とか考えてしまうので、ビジョンが違うようですね^^; でも、ワインは本気でおいしかったです!!!

セミナーでは思いがけなくとても気が合う子とも出会えて、就活も捨てたもんじゃないな、と。

楽しんだもの勝ちですね!何でも!!

明日はゆいまーる全体MTGの日です☆楽しく、しっかりやってきます!!

コメント(2)

バレンタイン

2009年2月14日(土) |カテゴリー:

みなさま、こんばんは。スタッフのわかです。今日はバレンタインデーですね。土曜日ということもあってか、駅ビルの

スイーツ売り場は大混雑・・・。ま、私も買ってしまいましたが(^0^;)

モンゴルではまだバレンタイン商戦なるものはないと思うけど、この時期ちらほら花束を持った人たちを見かけます。

雑誌やテレビでバレンタインも浸透しつつあるのでしょうかねー。6年前にはバレンタイン気にしてる人なんていなかった

気がします。2年くらい前にモンゴル人に混じって勉強してたときは、クラスの男子に「今日は女が男に物をくれる日なんだよなー。

ワカは何かくれないの?(にやにや)」とか言われて苦笑い。友達の男の子からは「カップルの日おめでとう!」と電話がかかって

くるし。いや、だから付き合ってないしね。。。意味分かってるのかなあという感じでしたが。でも基本的には男性、女性どちらが贈り物

をあげてもいい。みたいな認識だったような気がします。メインイベントは3月に女性の日というのがあるし、この先モンゴルでバレンタイ

ンがメジャーになるとは思えないけど、最近はどうなってるのか気になります(>n<)

コメント(0)