Design Products担当梅野です。

2008年10月9日(木) |カテゴリー:

はじめまして。

古里と同じく、Design Products事業を担当しています梅野です。

私はもともと、大学、大学院とモンゴルについて学んでいて、
最終的には モンゴルの児童文学 を、研究テーマとしました。

今年8月、約2年ぶりにモンゴルへ行き、こどもたちと出会ったことで、
今、前より一層「こども」について知りたくて仕方がなく、
もっともっと、彼らの近くで世界を眺めてみたい、と思うようになりました。

そんなわけで、大学院以来「こどもこども・・・」ばかりの頭になった私ですが、
モンゴルときちんと関わってみよう、と思ったきっかけは、

   詩  でした。

彼らは本当に、詩が大好きな国民です。

みんな誰でも好きな詩人の一篇や二篇は必ず覚えています。
お酒の席などで覚えた詩を披露しあって、
気に入ればさっそくメモをして、自分でも覚えるんです。

生の言葉として、詩が生きている国が、私には、とてもうらやましかったです。

さて、私も文学会の方を通じて知ったのですが、現在、モンゴルの首都ウランバートルでは

「21世紀アジア詩歌祭典」

が開かれているようです。
モンゴルや、日本、中国の詩人が一堂に会して、詩を披露したり、授勲を受けたりしたようですが、
日本からは、谷川俊太郎さんがモンゴル作家連盟の最高勲章を受けたそうです。

それ以上に、谷川さんならば、モンゴルの雪原を前にどんな詩が降臨するのか、
とても興味のあるところです。

モンゴルの自然も、習慣も、文化も、歴史も、私は全部、彼らの詩から教わったと思っています。

だけれど、そうすることで、モンゴル人にとってのモンゴルが、
そのまま自分の心に、馴染んだのではないかと、そうだったら嬉しいな、と思っています。

「生きてゆくのには、ほんの僅かのものがあれば足りる。
 なけなしの空間と、食物と、娯楽と、器具や道具。
 これはハンケチの中の人生だ。
 その代り、そこには魂はたっぷりとある。」(レヴィ=ストロース)

コメント(2)

総務部 中釜です。こんにちは

2008年10月7日(火) |カテゴリー:

こんばんは、はじめまして。

NGOゆいまーるハミングバーズのHPにお越し頂き、誠にありがとうございます。
総務部の中釜真理子です。
主に会計を担当しております。

発足当時からおりまして、ゆいまーるではもはや、完全に、古株組・・ですね。

先の8月、ゆいまーる歴2年目にして初のモンゴルに行ってきました。
子どもを 「かわいい」 というよりも 「愛おしい」 と思ったのは
23年10ヶ月生きてきて初めての感覚でした。

写真をアップして皆さんに少しでも様子を!と、ただ今悪戦苦闘していましたが、
『画像のサイズがなんちゃら』で断念・・・

また日記を書かせて頂く機会もあるでしょうし、その時ちょいちょい小出しに出来るよう
あたためておきます。

**********ちなみに**********
通勤電車で読み耽り乗り過ごしてしまった本

2008年度本屋大賞だそうです。
娯楽が欲しい時にどうぞ。

コメント(2)

ガンバヤルを我が家にプロジェクト

2008年10月6日(月) |カテゴリー:

11月に来日する子の中にガンバヤル(18)という男の子がいます。ガンバヤルと出会ったのは6年前になりますが、他人とは思えない、実の弟のように感じる子です。

(左からゲレルフー、ガンバヤル、バター、バトマー、エンヘー:5人とも今年のコンサートメンバー)

最近は髭もはえてきて、おじさんっぽくなってきていますが、それでも可愛いと思ってしまいます。

(ガンバヤル切り絵作成中:2008年2月)

数年前にモンゴルに行った時、ガンバヤルから「日本に行く時はトモコの家に泊まれる?」と聞かれました。「もちろん!絶対来てね。」と即答。

私の弟達にも「ガンバヤルが沖縄に来た時は我が家に泊めるからね。もう兄弟だよ~」ってずっと言ってきました。

しかし、脳に障害があって、1曲の歌詞を全部覚えきれないガンバヤルがコンサートメンバーに選ばれることは長い間ありませんでした。

今年のコンサートメンバー発表。ついにガンバヤルの名前が!しかも、今年のコンサートは埼玉&東京→北九州→沖縄と全国を飛び回ります。

沖縄では私の実家に泊めたい!そう思うのですが、私の住まいは東京。しかも、11月16日~21日の沖縄コンサート期間は大学院の授業期間(涙)

ホームステイ家族は、コンサート会場までの送り迎えを元として、滞在中のお世話をつきっきりでしなければなりません。私の父母はフルタイム共働きなので、両親に面倒を任せることはできません。でも、最初で最後のチャンスなので、どうしてもホームステイ受け入れをしたい・・・!

そこで、私自身が沖縄に行って、ガンバヤルのお世話をできないかと考えています。そこで大切なのが、両親への説得です。1週間授業を休む許可、東京-沖縄の飛行機代を貸してもらえるか、ガンバヤルの滞在中車を貸してもらえるか等など聞かねばなりません。

様子を伺いながら、ベストタイミングを狙って、話をしてみようと考えています。

コメント(2)

はじめまして。古里麻衣です。

2008年10月5日(日) |カテゴリー:

こんにちは。はじめまして。

ゆいまーるハミングバーズDesign Products事業部、古里麻衣です。

これからどうぞよろしくお願いします。

私がスタッフの日記第1号になってしまいました。いいのかな・・・

 

ではでは、まずははじまりのお話をさせてください・・・

代表の照屋さんとは学部のゼミで一緒でした。

自己紹介のとき私も沖縄の血が流れているので、「てるや」という名前に反応しないわけにはいきませんでした。

それがはじまりのはじまり。

照屋さんが活動を始めたと聞いたときは「こんなに身近で、こんなことができるんだ!!」と驚きました。

私も何か…そんな思いがあります。

世界は広すぎて、自分に近くないとなかなか実感がわかないものです。

まだまだ知らないことだらけ。でもゆいまーるで知ることがきっとたくさんあると思います。

現在私は写真と映像を学んでいますが、芸術、とか国際協力、とか、枠にとらわれることなく動きたいなと思っています。

「世界」って境界とか、枠とかないんじゃないかしら、そんなことを考えたり。

 

そんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。

今日は大隈庭園で気持ちのいい時間を過ごしました。

コメント(2)