はじめまして。企画部の鶴田です。

2008年10月17日(金) |カテゴリー:

はじめまして。企画部の鶴田です。今年5月の写真展の手伝いをしたことがきっかけでゆいまーるのスタッフになりました。ちょうどそのころは就職活動も一息ついて、何をしようかと考えていたときでしたので、素敵なタイミングでした。

 

年に三回発行される会報のなかのコラムを担当しています。僕はモンゴルを訪れたことがないのですが、コラムを書くためにモンゴルの情報を集めます。最近、モンゴルの慣習でおもしろいものを耳にしました。自分の足と他人の足とがぶつかると、その二人は、例え見ず知らずの仲でも、握手し合うそうです。なんでも、戦の多かった歴史があるために、そういった過ちをもう繰り返さないように、という教訓がこめられているのだとか。素晴らしい慣習だと思いました。新宿駅を歩いていると人の足を踏んでしまうことがありますし、踏まれることもしばしばあります。そんなときお互いにいい気はしませんが、もしそこでモンゴルのように握手し合えば、いやな気分も晴れますし、いろいろな出会いも生まれそうです。新宿で一日だけそういうルールを作って実験的に行ってみたら、何かと面白そうです。

 

モンゴルに行ったことのない僕にとってモンゴルの慣習、文化は新鮮です。面白いなと思ったものがあれば、この場を借りてまた紹介させていただきたいです。

取り留めのない話になりましたが、これからどうぞよろしくお願いいたします。

コメント(0)

コメント&トラックバック

トラックバックURL : http://yuimar.org/2008/10/17intromember/trackback/