11/7マンホールからステージへ。孤児院『太陽の子どもたち』コンサート開催のお知らせ

2008年9月28日(日) |カテゴリー:

孤児院に併設された芸術学校で、技術を身につけた子ども達がやってきます!

彼らが頑張る理由=家族が欲しいから
子ども達は日本にいる間、ホームステイをします。つまり、お父さんお母さんが出来るのです!

■バター君のエピソードを一つ紹介します。
4年前、バターは初来日でNさんの家にホームステイしました。バターがお風呂からあがって遊んでいた時、お母さんが「髪乾かさなきゃ風邪ひいちゃうじゃない」と言って、バターの髪を拭いてあげたそうです。そしたら、バターは大泣き!お母さんが自分の事を心配してくれた事が嬉しかったそうです。

バターはモンゴルに帰って、お父さんお母さんの話を皆に聞かせました。皆羨ましくて仕方がなかったそうです。そこで、練習に練習を重ねて、中国雑技段も顔負けの技術を習得し、3年前の埼玉コンサートでは10,000人を動員しました。

今回は、お兄ちゃんになったバターも来ます。ゆいまーる奨学生であるルーヤ君も来日します。ルーヤ君はモンゴルののど自慢大会で何度も優勝し、最高峰の芸術大学に4位で入学した実力の持ち主です。

そんな才能豊かな彼らですが、以前は過酷な暮らしをしていました。
生まれた時からの天涯孤独者でマンホールに住んでいた子ども、両親が亡くなり親戚の家で奴隷のように働かされていた子ども、親から性的虐待を受けて家出してきた子ども。

そんな過去を背負いながら歌います。

夢はいつも空高くあるから、届かなくて怖いね。だけど追い続けるの。
自分のストーリーだからこそ諦めたくない。(未来へ / kiroro)

「この子ども達のためなら人生をかけられる」
くさいですが、私に大学院を休学させ、NGOを立ち上げさせる程のパワーを与えてくれたのはこの子どもたちです。

11/7、あなたの人生もかわります!

コンサート詳細はこちら。

コメント(4)

はじめまして、ゆいまーる代表の照屋朋子です。

2008年9月20日(土) |カテゴリー:

はじめまして、ゆいまーる代表の照屋朋子です。
WEBリニューアルに伴い、スタッフ日記を始めることになりました。
モンゴルのことや、NGO運営に関することなど、私達の活動を紹介したいと思います。
ご期待くださいね。

コメント(3)